読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

診療所比較

雑記


今月から看護補助員として病院でバイトすることになったので
近所の診療所で入職前の健診にいってきた。


ってことで准看学生時代の職場といろいろ比較するわけですが、
まず驚いたのが看護師さんのユニホーム。
白のワンピース×白のハイソックス
たけが短いのか、ストッキングが面倒なのか。


また驚いたのが胸のレントゲンをとる機械が
胃透しの機械のカメラ?を
斜めにして、併用していること。
職場は胃透しと胸部はわけてたので
こんな使い方があるのかと驚いた。
よく考えれば外科整形と内科の違いでもあるかもしれない。
胸部レントゲンのカメラは
寝て腰部とか足をとるカメラにもなってたから。


それからレントゲンをとるときは
最終月経の初日の日付をちゃんと記録されていた。
職場は妊娠の可能性の有無を口頭できくのみ!


それから血圧は
家庭でつかうような自動の血圧計をつかっていた!
それでいいんだと。


おなかの診察のときとか
看護師さんが声をかけて
膝を曲げるよういってた。
私は腹部診察の際は膝をまげるということは
検定試験の勉強、
つまり退職した後でしったクチであーーーーる。
寝て腹囲をはかるときは伸ばすという話。
職場の看護師さんはスルーしてたわけである。


またトイレにいくと
検尿のとり方とか丁寧に書いてある。
そしてトイレがきれい。


飲食については血糖の関係で
血液検査では確認していたが
検尿でもその点気にしないといけないとは
しらなかったーーーーーーーー。


せっかくだから早朝尿をとってきてねと
体を動かしちゃいけないとか注意書きのプリントと一緒に
セットを渡されました。


はー勉強になるな。

広告を非表示にする