読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

腹腔鏡手術ってすごい/なんのための処置かわかってない人



個室の患者さんを検査におろしてーといわれてうかがうと、

 

私:(メモを見ながら)…Aさん、昨日手術でしたよね
Aさん:小さい穴開けただけだからねえ
私:もうご飯食べれるなんてすごい!

 

ご飯も端座位でたべれるし
早期離床云々すっとばして
すごいなーこれで術後1日目なんだーと
お前ほんとに看護学生かってくらいの
のんびりさ加減なんだが、
電子カルテどころか病名知らなくたってええやろとまでいわれる
補助員ライフなんでねえ。

 

いや、ようやく日々のルーチンにもなれてきて
せっかくこういう環境にいるんだからと
患者さんの様子をいろいろつなげてみて仕事するべと、
久々こっちのブログも書く気になったわけで。

 

それでネブライザーの吸入終わった患者さんのところに
口をきれいにしましょうといいにいったら
「これが終わったら痰がたくさんでる」と脇にゴミ袋とティッシュを抱えている。
いやいや、その痰を出すための吸入なんですよというと
患者さんの表情に「?」が浮かぶ。
えーーー、看護師さん説明しないのかよ。
何日目だよー。

 

そういや口腔ケアについても、
別の患者さんなんだが、
私が「吸入が終わって口の中に薬がのこると雑菌が~」までいうと
そりゃやろう、という人数人。
ま、歯磨きの習慣をかえてやろうなんて思わないけど、
これやったらこうなる、やらないとこういうこともあるっての
いってみると患者さんの反応が違うかなと思いだした今日このごろであーる

 

広告を非表示にする