読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

情報共有



まーたーかーと思ったことがひとつ。

 

ささいなことなんだけど
シーツ交換で、前日補助員がやってても
それを共有してないから看護師さんが翌日交換するなんていう無駄が発生する。
※1日で驚くほど落屑が大量発生の人もいるにはいる
補助員の先輩がおこるw

 

先週に続いて今週も発生。
それが私のせいになるw
私が休みの日の話なんですがwwww
補助員が看護師のそういう動きを察知して止めないのが悪いらしい。

 

ってか朝、補助員から一言全体に共有しとけばいい話じゃないかと。
あるいはチームリーダーにいっとけばいい話ではないかと。
病棟のシーツ交換の前日に、
時間がかかる人(MRSAとか、抑制帯があるとか、特殊なカバーの人だとか)はやるんだけど、
全員に共有されていない。

 

これって私が入る以前からやってることだと思うのだが、
それでも周知されてないってことは、
補助員からの情報発信、共有に問題がある。

 

属人的に仕事をする人は
そういう目線でしか物事をみられないのかなーと
補助員間ですら、
情報共有をこばむひとだからなあ。
今日の仕事量はこれだけあって、
手分けしてやろうというのがない。

 

自分で仕事を探せという。
同じ時間いるなら効率的に仕事をまわせばいいのにと思うが、
余計な仕事をしたくないというのもあるのだろう。

 

とりあえずチーム間ではメールをとばしまくっていた前々職とちがって、
この職場、補助員と看護師、補助員同士の間でも断絶がある。


実習でいった病院ではすくなくとも申し送りの場に助手さんはいて、
当日やることを発表していたが、
ここではない。

 

きっと食事介助したり、入浴介助したり、もろもろ患者さんのお世話をする補助員に、
患者さんの情報は必要ないのだろう。
患者さんみて判断してね、ということだろう。
※介助浴おねがいと看護師から声がかかる方が少ない。

 

疾病の予習して、朝はカルテ見てからじゃないと
ゴーサインがでなかった実習とくらべて
どんだけ補助員てスーパーマンになんだ。
見て判断できるだけの研修なんて受けてないし。
ってか研修ないしw
ひたすら補助員の先輩からのOJTのみだし!

 

洗髪希望の患者さんがステントの手術の後だったり、
気軽にはいはいといえない状況も、
患者さんの話をきいててて、
これは気軽にうけられない依頼だと気づいたり。

 

清潔ケアについても毎日、一週間、月別にでも残していないから
いつお風呂に入りましたっけ?髪を洗いましたっけ?とか普通におきてる。
先輩の頭の中には記録があるそうだが、
私にはみえないことなのでしらんがな、である。
そりゃ私もほぼ毎日いるのでなんとなくわかるが、
私が入浴介助にいってるあいだに洗髪されたら
もう私はわからないのであーる。
「月曜に洗ったじゃん!」
と患者さんの髪をぬらし始めた時に、とがめられるのであーる。
普段の生活では毎日風呂入ってる人なのに、
いまシャワー浴すらできない人だし、
実際頭におってるし(ちゃんと乾かしてないからだと思われ)
しかも月曜ならいま洗ってもよかろうと思うのだが、
余計なことなのである。

 

それからいつも不思議なのだが、
看護師は入浴とか洗髪とか記録にかいてるのかなー書かないだろうなー
手術朝イチで前日までに風呂に入るべき人に、
ケアの予定表・手術当日の「入浴」に○が入ってたりするもんな。

 

改めて補助員の先輩と改善について話し合う気はさらさらないがw
なんだかなーと思う今日この頃。

広告を非表示にする