読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

人工関節というおもり

補助員生活(専門課程1年)


配茶の時、めずらしいボトルをもってる患者さんがいた。
どんなスポーツをされてるのかと伺うと、
夏はダイビング、冬はスキーをやっていたとのこと。
ダイビングの途中で流されてなくなった事故があったが、
実際、患者さんもエア抜きをしてる最中に方向が分からなくなって、
一緒にもぐってた弟さんにびっくりされたとか、
いきなりディープな話になる。

 

しかーし今は片方の膝に人工関節、反対側の腰に人口骨頭が入っているため
スキーはだめになったし、
ダイビングもできなくなったそう。
泳いでいたら膝が沈んでくるんだよ、といわれたが
ほんとうだろうか!

 

いくらでも遊びネタで話ができそうな患者さんだったが
こっちも夕食の準備があったので
失礼した。

 

休み明けどこでスキーを買ってたのかきこうw
患者さんからおすすめスキー場もきいた。
しかし西日本のスキー場ってゲレンデが短いんだよう。
群馬、長野にすぐいける関東がこの点だけはうらやましい。
あ、温泉もね。
いい加減、スキーをセットで買いたい。
できれば専門店で。
ブーツが合わないと死にそうになるからな~
いつもそおこがネック。
ボードはすっかり猫のベッドになっとるからなあ。

広告を非表示にする