読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

帰ってきた患者さん



廊下で声をかけられて振り返ると

顔はわかるんだけど、名前がでてこない~

4か月ぶりの入院になる胃切の患者さんだった。

 

昼に伺ってもベットはからだった。

ようやく夕食後の 中間食をもっていって少し話ができたのだが、

2回目の入院生活についていろいろ話してくださった。

ひとり暮らしの寂しさ

(⇔病院だと看護師さんも日替わりでいろいろな人と話せるのがいい)

ちょっと手助けがあればできるのに云々。

手術後に1人暮らしを経験しての再入院に、

「病院は楽園だー」なんてことばが飛び出た。

前回の入院中に胃切患者むけのレシピ本とか読んでたから

どうだったかきくと、

自分で料理をしてたそうだ。

「できあい」もあきるとのこと。

 

また都会に住む息子さんもいったん戻ってきてくれたと

うれしそうだった。

なにより入院に前向きなのが印象的だった。

 

広告を非表示にする