読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

ご飯の食べ方が分からない患者さん



長谷川式9点の患者さんがいます。

みかんの食べ方が分からないといっています。

私が見本をみせてみてようやく食べられました。

食後の錠剤をどうやって取り出していいかわからず、

(昨日の看護師さんは薬杯にいれて出してくれてたんだが!)

 困った困ったを繰り返しています。

60代です。

 

精神病院ではたらく同級生がいるんですが、

食べ方が分からなくなるってどういうこと?ときくと

認知症がすすむと嚥下の仕方も分からなくなるそうです。

ご飯がたべられなくなるってこと??????

 

同級生は認知症に興味があるので

そっち系にいきたいといってますが、

どっちなんだろう。

もはや認知症の患者さんはどこにでもいらっしゃるし。

急性期こそ、認知症対応ができる人がいた方がいいと思う今日この頃。

 

それから、患者さんはトイレを失敗してしまい(尿器)

横シーツ&寝衣&床まで濡れてしまったんですが

(はい、残業パターンです。他にも精神科の患者さんとか、自分でなにもできない患者さんとかまた患者さんが増えてきました)

失敗してしまったショックで声をあげて泣いていました。

びっくりしました。

 

ってかその体勢でおいててその場を離れた看護師がいかんと私は思いました。

そうでなくても「わからんのう、おかしいのう」を

繰り返してる人なんだから~

早く家に帰れればいいのですが。

広告を非表示にする