分からないから書くブログ

看護学生見聞録

インフルエンザだと思ったら



3月も終わりにさしかかっておりますが・・・

今日、新聞をみたら高熱をだした孫を働く両親に代わって

病院に連れて行った祖父母の投稿がありました。

結果インフルのA型だったそうです。

小学校とか職場でも欠席の内容をきめるのに、

診断書が 必要ってことで病院に行く人も少なくないと思います。

職場で感染の研修を思い出したのですが、

講師の先生の個人的な考えとして紹介されてたのが・・・

 

インフルエンザかな?

自宅安静、麻黄湯カロナールで対応

ボルタレンロキソニンはあまり好ましくない

※既往症がなければ、抗インフルエンザ薬も推奨されていない

感染拡大防止のため

※検査のためとか、タミフル予防内服のためとか、心配だからとか、仕事に行くのに検査して来いといわれたとか

医療機関にあまり受診してほしくない

 

 

だそうです。

インフルエンザの人ははたからみてても(クリニックで働いてた時)

つらそうだなーって感じではあるんですが、

こんなんきたら他の患者さんにうつるし~ってのはなんとなく感じてたことではあるんですよね。

子どもは容赦なく咳やくしゃみするし、

マスクじゃウイルス防げないし。

んでもって、同じシーズンにAとBと両方になる人もいるし、

あ、あと毎年必ずAになる人(スーパーでレジ打ちのお仕事)もいましたね。

レジ打ちなんて不特定多数の人と毎日大勢接するわけだから

どうすんのって感じですけど、レジ打ちの人もみんな等しくなってるならともかく、

たぶん、そうじゃないと思うんですよね。

手洗いうがい、規則正しい生活とかで防げることもある。

私は職場で予防接種するけど、

あれもきくかどうかは微妙な話だそうで。

あと、看護師さん、なんだかんだで、病欠の人、

私が勤めた1年間で1人もいませんでした。

そういうもんかもしれません。

 

って、結局何がいいたかったのかというと、

 私がすきなブログなんですが、

水疱瘡|イギリス毒舌日記

病院いっても薬局いけといわれるってのを思い出したんですが、

日本でもすぐ病院に行くんじゃなくて、

身近な薬局の薬剤師さんをもうちょい頼っては?という話です。

最近は訪問薬剤師さんというのも活動してる地域もあります。

もうちょい目立っていい人々だと思います!

6年も勉強してるわけだし!!!!

広告を非表示にする