読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

自衛隊の看護師が衛生兵やるんじゃなくて?



昨日の朝日新聞でこんなのがありました。

「戦闘中の負傷 対応強化 自衛隊、備える『実戦』」

離島をめぐって戦闘になったとき、

怪我した人を医療施設に運ぶのに10時間かかるとかで

「第一線の救護能力の向上」が2013年の防衛大綱に盛り込まれてるそうです。

「3自衛隊には救急救命士の資格を持つ隊員が約800人いる」

でも

「医師や看護師とちがって認められる処置や薬剤に制限がある」

なんか具体的なこういうときこうするみたいなのが記事ででてました。

 

ってかなんで救急救命士なんすか。

自衛隊は医科大や看護学校やってるじゃないですか。

なんのためにその人たちは給料もらって学校にいってるんですか

自衛官ですよね

こういうときのためなんじゃないですかw

 

防衛医科大学校看護学科学生(自衛官候補看護学生):各種募集種目:自衛官募集ページ:防衛省・自衛隊

 

救命士800人てのは男性と女性、

どれくらいの割合でしょうか。

医師が戦闘行為に参加することはないと思うけど、

看護師はくっついて回ることになると思います。

だったらここの看護学校は男性優先にしていいんじゃないですかw

 

リクルーターじゃないよ

皮肉で書いてるんです

広告を非表示にする