読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

訪看のカンファレンスにお邪魔した

施設の看護職(専門課程2年)


いまの施設ではカンファレンスっちゅーもんはない。

私が学校に行った昼以降に

朝礼みたいなのがあって・・・

で、訪看の方の勉強会に参加させてもらったら

病院ぽかった。

主任さんがたくさんいる感じだったw

 

で患者さん数人の話がでたわけだけど、

退院のときに看護師さんがいってきいた話と

自分が見た話と、たとえば患者家族の話とかね、

病院(前の職場!)の看護師さんの話は信用できんそうです。

 

ま、そうだと思います。

補助員は病棟内をうろうろしてるから

患者さん家族とかちらちらみたり話をしたりする余裕あるけど

病棟看護師さんは何人見てると思ってるんですか!みたいな。

擁護する気はないけどね。

 

ってかそういうの気にする看護師さんたちだったら

病棟のなかがああいうふうにはならないと思います。

でも別の病棟にうつってなくなった患者さんの家族に

たまたまあって立ち話になったんですが、

ほんとひどい病棟で戻りたかったとおもうくらいだったそうです。

話をきくと同じ病院とは思えないです。

 

これ看護師とか人の問題なんですかね。

師長さんもおかしかったそうですが。

システムで極端にふれないようにできないんですかね。

 

 

 

広告を非表示にする