読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

呼吸器つけた赤ちゃん

施設の看護職(専門課程2年)


呼吸器付けたあかちゃんを一人でみる恐怖。

 

夜勤の人から痰が多いよといわれたんだけど、

20分おきくらいにのぞいてみてたんだけど、

最初は寝てたのでよかったんだけど、

途中から、ぜろぜろいいだして

呼吸器のアラーム、モニターのアラーム

同時になって、かつモニター0になるとか

なに、拾えないのこれ?みたいな!!!!

 

気切からの吸引と鼻の吸引を交互にやったり

呼吸器外して水をすててみたり、途中おむつもかえたり、

なんやらかんやら40分くらい格闘して落ち着いた。

 

ぐったりなのか、ねてんのか、その間なのか、

側臥位が好きな子で顔も下を向きがちで、

鼻塞いじゃうんだよね、鼻水もあふれるし。

タオルおいてもあれなんで

あかちゃんの丸めてあった綺麗な靴下をストッパーにすると

SPO2↑。

最初手が冷たくなったのが

あったかくなったのでほっとした。

 

熱がなくてよかったよ。

遅番の看護師さんがきてほっと一安心。

 

SPO2が下がると、ぜろぜろいうせいもあって

そっちばっかに目が行きがちだけど

努責の時、大人の気切の人でもせき込むことがあるんだけど

赤ちゃんの場合もそれは同じとかで、

そういう場合もあるから

おむつもみてみてねという話!

 

勉強になります。

でもひとりはこわいです。

広告を非表示にする