読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

先輩に教わる1



新しい看護師さんが入って数カ月です。

私は入れ替わりに実習に突入していったので

ほとんどかかわりがなく。

 

今日は、初めて勤務がかぶって昼食が一緒だったから、

こうこうこうだからここをみるとか

教えていただいてます。

 

そうだ、だいたい時間帯で基本一人看護師なんで、

看護師の施設長がいるからきけるけど、

他の勤務の看護師さんと昼休憩が一緒になることがまれなんだw

学校のある日は午前中勤務だし。

 

今、みとりの人がいるんですが、

高齢者のどこをどうみるかとか

この人の場合はどうだとか。

フィジカルアセスメントができないー。

で、教わりました。

病院はずっといるけど

うちの施設はそうじゃないから正常な値がどうかってのがわからんのですよ。

で、まずは脈圧をみとこうねと。

数カ月のうちにいろんな機能が低下してきてます。

で、昨日からもまた変化がでてます。

遅番の看護師さんも自分でバイタルはかって様子をみています。

 

ところで、成人の実習で、私は慢性期の患者さんを希望してます。

リハビリ病院でも基礎IIでもふりわけられた患者さんがそうだったのに。

というのも学校の先生が自分の力量見て希望出せというんで

急性期はむりやろと思ったけど、

考えてみれば急性期ってみるとこきまってくるし

流れも決まってるし、看護師さんと一緒にみていくらしいから

なんか、そっちの方がよかったのかなと。

べつに慢性期で指導したいとかじゃないからなー。

一緒に方法を考えませんかな看護をやりたいなと。

老年でそれがうまくできなかったから。

精神でそういうのを教わった気がしたから。

でもじゃ毎日何やりますかってとこがうまく落とせないというか。

 

いま成人に行ってる同級生は慢性期を希望して終末期の患者さんになったらしい。

話もほとんどしない。家族も実習時間中には来ない。

情報が~とかいってました。

病院で終末期か~

 

職場では終末期の人いてもモニターも付けてないからね!

 

 

 

広告を非表示にする