分からないから書くブログ

看護学生見聞録

看護協会の図書室



学校の図書室は決められた時間に20分あいてるだけで

自由にでいりできません。

ってかあいてないことが多いから

職員室に人を呼びに行く。ああめんどう。

入学したときはあけっぱなしだったけど

無くなる本が多かったみたいでこうなったという。

っつかほかの看護学校が昼休み5分とか意味不明な規則だったんで

出入り自由ってことは大きなポイントだったわけですよ。

 

しかしなくなる本はへったわけではありません。

学生が使えるコピー機がない。

雑誌は貸出禁止。

っつかはいってるけど読む時間がない。

読めないわけですよ。

なんのための雑誌だ―。

 

ってことで、看護協会のほうがまだましってことで

時間があるときは寄ります。

ネットから検索できるし。

新しい雑誌もそろってるし。

学生証をみせればいれてもらえます。

 

私の住む地域は大学2つ(医学部図書館はちと遠い)、県立図書館、市立図書館2つと

県内でも恵まれたとこだとおもいます。

看護協会も学校より近いのでいいです。

あ、職場にも前の職場の病院にも図書室ありましたが

病院の方は忙しくてなかなか行けないうえに

かぎがかかってるー

広告を非表示にする