分からないから書くブログ

看護学生見聞録

「患者ファーストでお願いしますよ」



朝は検温、採血に、術前の薬に、血糖測定に、インシュリン注射に

食前食後の配薬に、配ぜんに忙しい。

採血拒否の人がいて、これもなんというかねえ。

患者さんもつらいよねえ。

先輩にお願いしてやっていただいた。

夜勤三人でやらねばならないからねえ。

それでなくてもお荷物だからねえ・・・

※消化器じゃないオペの人が一人だったのでまだいい

※採尿カップは前日に配っておきましょう、自分

 

他の病棟から部屋の関係でうつってきた患者さんがすごい

話し出したらとまらない。「〇患者」であることを紋所として、

印籠じゃないけどそれをたてに、ひかえーひかえー

新人看護師の自分に対してだけでなく

リーダーや師長さんに対してもそうだ。

 

定時の薬があるんで、上記の仕事しながら行ったが最後、

いや、だから一番最後にいったんだが、

いいたいことだけいって終了、みたいな。

師長よべ、みたいな。ドクターよんだら?って思うんだけど

先生にはこういわれた、というのを盾にしてるんだよね。

でも先生はいまの状況をしってるのかなって話で。

また私に依頼したことと、師長にたいしていうことが違うようで

こっちがおこられたり(しらんがな!)

命にかかわることではないからいそぎませんっていうから日勤にまかせたら

おこおられた。

 

いろいろいろいろ・・・・

 

さてどう介入しましょうか!

とビジネスライクにいけ自分!

学生じゃないんだ、個人の感情はどうでもいいんだ、

「看護師」としていけ!

※まじで看護師の心のメンテってどーしてくれるんだろう

 感情労働はつらいね