分からないから書くブログ

看護学生見聞録

またもお見送り



11月は仕事のたびに患者さんがなくなっている。

先輩たちに呼吸を見ておいでといわれたのでいこうとしたら

受け持ちの先輩がもう止まってるよと・・・

みにいくと、下顎呼吸…

さっきは止まってたよと先輩。

酸素マスクで10L。

むくんだ顔が悲しい。

「家族がくるまでがんばってー」と体をさする。

詰め所にもどるとしばらくして

こんどはモニターの心拍のところがまっすぐの間隔がのびてきた。

行ってみると呼吸はとまっていて、

皮膚が蝋人形みたいな感じになっていた。

 

先輩たちは早めに家族に連絡していたけど

最期には間に合いませんでした。

 

生まれる時もひとり、

死ぬ時もひとり、ということでしょうか。

 

病棟は夕食どきだったので、

ICUか救急外来から

エンゼルケアにはいっていただきました。

 

しかし霊安室の場所が悲しい。

はじめていったけど、荷物置き場みたいな地下なんですよね。

背もたれに穴が開いたパイプ椅子とかちょっと…

旅客機と同じだ。

なくなると荷物扱いみたいな。

なんか悲しいなあ、こういうの。

 

前の施設だと、部屋で葬儀屋さん待って

玄関でお見送りしてたので、

家族も個室にあつまって時間過ごせるし

悪い印象はなかった。

 

病院はいやだー