読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

抑制帯、ポータブルトイレ、がん化学療法



・抑制帯とミトン
抑制帯ってのは精神科だけかと思ってたけど
急性期の外科病棟では、私が見る範囲では1、2人はだれか付けてる状態。
腰、手首、片足とか。
ベット上の安静が必要な人とか、点滴の管を抜いちゃいそうな人とか。
家族がついてればはずせる場合もあるけど、
結局のところ、人手不足の結果だよなーと個人的には思う。
ってか看護師さんがずっと張り付いてるわけにもいかんしね。
でもだったらそれはそれでやりようがあるだろうと思うけど
今の”病院”ではそれが当たり前っぽくなってる。
実習でいった病院では1度もお目にかからなかったんだが!
?????????????????
本人納得してない場合多いから(軽い認知とか、最初クリアでも途中おかしくなる人あり)
みててかわいそうになる。

 

・ポータブルトイレ
ベットの横におくやつ。
カーテン一枚の恐怖w
食事の前後はみんなつかうから、捨てに行くタイミングが難しい。
ご飯時に現れる家族じゃない見舞客の前ではやりにくいので
難しい。

 

・がん化学療法
このへん私は不勉強で、患者さんの状態見てびっくりすることが少なくない。
手足の皮がむけたり、
口の中が荒れたり、
眠気が強くて体が動かせず、失禁繰り返すとか。
ああ、なんで普通のおむつに変えなかったんだろう自分。
リハビリパンツはまた洩れるぞ。今日の反省。

広告を非表示にする