分からないから書くブログ

看護学生見聞録

胃切⇒イレウス



昨日、患者さんの個室にはいったら
ベットに腰掛けて青い顔をしていたので
どうしました?ときくと
寒気、吐き気がするといって、
そのまま室内の洗面台誘導すると嘔吐×4!
しかもお抹茶の色!
患者さんと一緒に驚く!
しかしめっちゃいいタイミングであった。
個室でドアしめてゲーゲーやってても誰も来ません。
患者さんは気分が悪くても
ナースコールを押すことを遠慮してるし!

 

あー今日なんて別の患者さんだが病衣が血まみれになってて
どうしました!ときくと、
点滴の針抜いて血が止まってなくて
看護師よんだが、着替えをもってくるといって
もう15分こういう状況…
えええ!と着替えを取りに行く、なんてこともあった!
ナースコールをおしても報知新聞

 

で、話を戻して嘔吐の患者さんのところに今日伺うと、
なんとイレウスだったということで、
そりゃ、ご飯食べれませんよね、という話。
おなかがパンパンだそうだ。
明日イレウス管をいれるとのこと。

 

しかし気になるのが、夕食も明日の朝食もとまってないし、
絶飲食になってないこと!
患者さんが拒否してるから大丈夫だけど。
私も家に帰ってから気づいたんだけど!

 

済世会熊本病院の分かりやすいパンフレット
http://sk-kumamoto.jp/issue/No23_ibubunsetsujyo.pdf
患者さんはまさに合併症をおこしちゃったんだな。
「腸閉塞の予防は体を動かすことです」
あーーーーーーこの患者さん、ひたすらベットの上だったな。
でもどの時点で腸閉塞を起こしていたのか不明。

広告を非表示にする