読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

研修医の先生

補助員生活(専門課程1年)


気がついたら3、4人メンバー入れ替わっているのが
研修医の先生たちであーる。

 

朝いないのでなんといってやってきて
なんといって去ったのかはしらない

 

まえいたM先生は1人の患者さんを通じて
わりと話をした先生。
リハビリだといいながら1人でやってきて
患者さんを起こして歩こうとする。
食事介助もやったりする。
時間によっては看護師さんの
「今からですか~(怒)」の声に気おされて
退散していく。
だいたいいつも指導の先生と3人くらいで病棟をかたまりであるいている人ばかりなので
いま思えばめずらしいタイプだった。
女の先生です。

 

別の先生はこの間、ストーマに関することで
ベテラン看護師さんに返り討ちにあっていたw

 

部屋で看護師さんとあーだこーだやってると
心配でみにくる先生もいたりする。

 

仕事が終わって売店によると
研修医の先生がご飯を買っていた。
いったいいつ休んでいるのかな~と思う。
でも楽しそうでもある。

 

新人の看護師さんも
朝早く来て、夜遅くまで残っている。
1人の看護師さんに希望して外科にきたのかと聞くと
そうではないという。
看護師も1年くらい、救急とか手術室とか外来とか
がーっとまわればいいのにね。

 

スーパーローテーションとかいってそういうことをしている病院もありますが。※
私もそういうのがいいなあ。
ま、今のバイトはそういう感じではありますが。
来年はどこの病院に行こうかな。

臨床研修看護師制度|徳島赤十字病院
徳洲会、沖縄の県立病院でも募集があった

広告を非表示にする