読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

合掌

補助員生活(専門課程1年)


今日も仕事だ6連勤!

 

んでもって8人退院とか…ベッドがー。

 

そんなところで患者さんが1人亡くなった。

昨日、ご本人はなぜか腕をみながら「死ぬ」っていってたんだよな。

ふだんそんなこと全然いうひとじゃなかったのに。

お昼に看護師さんが回り始めたところでいったらなくなっていた。

 

たまたま残ってた先生が呼ばれて、

モニター付けるけど、うーむ。

個室にはこばれたけどなにもしない。

なくなった後に、

エンゼルケアのときにご遺体の処置をまず先生がされたんだけど、

(ドレーン抜いたり)

看護師さんにこういう状態なら

こうなることを事前に予測できなかったのかとか、

ほかの人に首絞められたってこともありえるとか

心マをするしないの判断の話とか

いつから酸素すってんのか、

なんでこの人外科にいるんですかとか

私は患者さんのひげをそってたんだけど

へーーと思いながらきいていた。

そりゃそうだ。

医療者間の他者性を問い直す 看護師と医師のあいだで

 

しかし、こういう死もあるんだなー。

入院してても死ぬ時はひとり。

合掌。

 

広告を非表示にする