読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

音の聴き方でおもったこと

施設の看護職(専門課程2年)


利用者さんの熱が出ました。肺の音聞いてとなりました。

聴診器は壁にさげてるんですが、

持っていくのは一番いい聴診器ってか高い聴診器です。

リットマンのクラシック?1万ちょいとかのじゃないです。

メーカーは違うんだけど、

ベルの部分で人殺せそうなちょっと重いやつもっていきます。

私はCardiology IIIを買おうと思いました。

ぱっとみそれとわからないしwww

でも蠕動音きくだけならオーバースペック

しかし雑音はICU出身の看護師さんも、安いのじゃわからんといってたし。

 

で、話を戻して同じ会社の訪看さんはちゃんとテレビを消して、

自分が音を聞き取りやすいように裾の下から手を入れてきいてます。

准看学生のときのクリニックの先生はこうやったなーと思いだしました。

施設の看護師さんはテレビつけっぱなしで、

襟元から手をつっこんできいてます。

 

訪看だから施設だからっていってるわけじゃないですよ。

経験で言ったら訪看の看護師さんの方が断然長いです。

患者さんのパターンを把握してるかどうかは

施設の看護師さんのほうが知ってます。

 

勉強になります。

広告を非表示にする