読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

分からないから書くブログ

看護学生見聞録

460号室



患者さんがおふくろに電話してくれというから、

お母さんはおいくつなんですかと聞くと、

「65歳。」

患者さんは73歳。

自分は何歳のつもりだったんだろう。

ご飯が出て、スプーンとフォークをおいても

どうやって食べたらいいかわからない。

入院して1週間はすでに経過しておりますが、

「初めてだからわかりません」

 ⇒ご家族にきいてみると、

やはりなくなっていたが、90代までご両親は生きられたそうだ!

 

 

となりの患者さんは食べながら吐いてる。

昨日今日吐しゃ物で床が~

ベッドが~、寝衣が~

今日で3日目。

なんで食事を止めないんだろう。

はたから見てるとしんどそう。

鼻から逆流してるし。

⇒今日は完食!吐しゃ物の量も少なかった。

座位の時間が1時間30分弱くらいかな。

口腔ケアもいれて。ちいと長いかな。

床に新聞引いてまってたが大丈夫だった。 

 

入り口側の患者さんはいつも待合にいる。

「天井と壁しかみるものがないけど、ここは人も通るし、話したりもするし」

⇒シーツ交換の日、微妙に意識がおかしいってか

どこにいるのかさっぱりわからんとか突然いいだすから

こっちもわからんわ~ 

 

早くみんな退院してね。

広告を非表示にする